クレジットカード現金化を利用するための手順 | 何がどう必要なのか?

クレジットカード現金化を利用するための手順~サービスの中身を紹介~

クレジットカード現金化の手順を知ってサービスを理解しよう

クレジットカード現金化の手順を知ってサービスを理解しよう

 

「お金がもう無いなあ。クレジットカードの枠ならあるんだけど、現金が必要だ。このクレジットカードのショッピング枠を使って現金にできないかな?」

 

そんなふうにお金に困ること、あるのではないでしょうか?
もうクレジットカードのキャッシングも限界まで来てしまって、あとはショッピングの枠しかない。

 

スーパーやコンビニではクレジットカードが使えるけれど、現金が今すぐ必要。
そんなとき、どうしたらいいのでしょう。

 

実はクレジットカード現金化という方法があるのをご存知でしょうか。

 

クレジットカード現金化は、とてもグレーな方法でなかには無茶なことをして逮捕されている業者もあります。

 

ただ、やる側は万が一のことがあってもクレジットカードが没収になるだけで、リスクはそれほどありません。
どうしても現金に困っていて今すぐお金が欲しいというとき、最終手段として使ってみてください。

 

クレジットカード現金化の手段は、大きく分けてふたつとなります。

 

それが「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」のふたつです。

 

では、それぞれどう違って、どのような流れ・手順でクレジットカードを現金化するのでしょうか。
また、それぞれの方式のメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

結論からいうと、キャッシュバック方式、やるならこちらが良いです。

 

では今回は、この件について解説していきます。

 

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式とは?

 

キャッシュバック方式とは、業者が指定する商品を、あなたのクレジットカードで購入する、ただそれだけです。
買い取りの確認が取れたら、口座にただちにお金が振り込まれます。

 

ただ、クレジットカードに残っているショッピング枠をそのまま100%、現金で買い取ってくれるわけではなく、ある程度の手数料は引かれてしまいます。

 

これを換金率と呼びます。

 

その手数料の換金率は、現金を振り込んでもらうスピードに反比例し、早く振り込んでもらおうとすればするほど、大きな手数料を取られてしまいます。

 

換金率を気にするのであれば、ちょっと待ったほうが良いかもしれません。

 

キャッシュバック方式は、多くのクレジットカード現金化業者が採用しています。
インターネットでクレジットカード購入するだけなので、スピードが早いからです。

 

それがメリットとなります。

 

ただし、この方法は極めてグレーであるというデメリットがあります。
明らかに換金目的であるケースがクレジットカード会社側からもわかりやすいため、クレジットカードが停止になるリスクがあるのを忘れないでください。

 

クレジットカード現金化の買い取り式とは?

 

キャッシュバック式はグレーだと先程お伝えしましたが、実際に手元に商品が届く前に現金を送金するという仕組みからです。
では、実際に商品が届けば、問題はないのでしょうか。

 

そのあたりをクリアしてるのが買い取り方式です。

 

買い取り式は、インターネット上から業者に申し込み、そして商品をクレジットカードで購入し、自宅に商品が届いてからそれを業者に送ります。
そこで業者に荷物が到着した時点でお金が振り込まれるという仕組みです。

 

これなら、クレジットカード現金化といえど、買い取りが実際に行われていますので、キャッシュバック式に比べてリスクが少ない、というわけです。
ただし、スピード感で劣るのが気になりますね。

 

キャッシュバック方式と商品買取り方式ではどちらがよいか?

キャッシュバック方式と商品買取り方式ではどちらがよいか?

 

ではメリットとデメリットをトータルで見て、どちらが良いのでしょうか。

 

どうしても、クレジットカード現金化をしようと思う時点で、お金がないことは事実ですよね。
いま、お金がほしい、現金を手にする必要がある。

 

そんなときに利用するのがクレジットカード現金化という方法です。

 

結論を申し上げますと、キャッシュバック式のほうがスピーディで良いかと考えられます。

 

最短で20分程で手元に現金の届く革命的なサービス。
急に現金が欲しいと思う事は今の世の中では珍しくありません。

 

方法が無く闇金やサラ金を利用するぐらいならばクレジットカード現金化業者を利用してみるのもいいのではないでしょうか?

 

クレジットカード現金化を知らない!という方はこちらの記事を参考にご覧ください。
基礎知識を詳しく掲載させていただいてますので、どのようなサービスなのかを更に詳しく知る事が出来ますよ。

 

仕組み

 

トップへ戻る