クレジットカード現金化闇を照らす | 知ってしまえば怖くない

クレジットカード現金化闇【悪質業者の手口を完全暴露】

クレジットカード現金化業界の中に存在している悪質業者

クレジットカード現金化業界の中に存在している悪質業者

 

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使う事で現金を得る事が出来る方法です。
本人名義のクレジットカードさえ手元にあれば、基本的には誰でも利用する事が可能です。

 

詳しくはこちらを参考にご覧ください。
クレジットカード現金化の仕組みとは?ゼロからわかる業者の利用方法

 

手元に現金がなく、消費者金融からもお金を借りられない場合は、現金化するスピードも速い為、このクレジットカード現金化を利用する人が増えています。
当然、利用者が増えれば市場も拡大し業者の数もそれに比例して増えていきますね。

 

業者はインターネット上で営業する事も出来る為、店舗を構えずに低コスト、低リスクで始める事も出来、新規に参入する業者も多いです。

 

しかし、このクレジットカード現金化については、まだ法律がきちんと整備されていないグレーゾーンの商売の為、悪質業者も存在しています。

 

では、具体的に悪徳業者の手口を見ていく前に現金化業界の換金率の法則について簡単にご説明させていただきます。

 

現金化業界の換金率の仕組み

 

まずは換金率の引き下げです。
色々な業者のホームページを見てみると、どこも高い換金率を主張しています。

 

しかしクレジットカード現金化業者のホームページを見れば分かりますが、どの業者でもトップページではこれでもかと高い換金率を主張していますよね?

 

例えば「業界最高換金率98%」とか「どの業者よりも高く現金化します」等様々です。

 

この98%の換金率という表示を見たら、10万円を現金化すれば9万8000円もらえると勘違いをしてしまいます。
こうした表示は、全て『最大値』なので注意が必要です。

 

どういう事かというと、換金率98%をうたっていてもそれが適用される事はほとんどありません。

 

一般的に業者の換金率を詳しく見てみると、利用額毎に変わっているからです。

 

分かりやすくいうと、

  1. 1~10万円だと85%
  2. 10~50万円だと88%
  3. 50~100万円だと92%
  4. 100~200万円だと95%
  5. 200万円以上だと換金率が98%

 

という風に段階的になっている事が多いです。
さらに、この換金率も利用金額の最大換金率なのでここからまた換金率が下がります。

 

つまり、98%の換金率が適用されるには最低でも200万円以上現金化しなければなりません

 

しかし、これだけ多額の現金化をする人はほとんどいません。
これが換金率の仕組みとなっています。

 

しかし、ここからさらに悪質業者は換金率を下げてくるのです。

 

悪質業者の手口

 

悪質業者は様々な理由をつけてこの換金率から手数料を差し引いていき、どんどん換金率を引き下げていきます。

 

例えば通常の現金化業者で10万円を現金化しようとした場合。
90%の換金率としたら9万円が手に入ると思いますが、実際はそこから決済手数料、消費税が差し引かれます。

 

仮に手数料が5%とした場合、消費税は8%なので13%が差し引かれるので77%の換金率になりますよね?

 

しかしここで悪質の現金化業者は手数料が15%以上だったり、手数料と称して料金を取ったりします。

 

その為酷い場合だと、換金率が50%ほどになってしまう場合があるので注意が必要です。

 

その他の悪質業者の被害

 

悪質業者の中にはクレジットカードの情報を抜き取ろうとする業者もいます。

 

クレジットカード現金化を利用する時には、本人名義のものかどうかを確認する為に、身分証明書を提出する事が多いです。
その時に個人情報が盗まれる可能性もあるので注意が必要です。

 

業者を装った振り込め詐欺も悪質業者の手口の1つです。

 

この詐欺は、『換金率を上げる代わりに振込みの機関を待って欲しい。』といわれ振込みを待っている間に利用した業者が消えてしまう、という物になります。
詐欺だと気づいた時には、クレジットカードの利用額しか手元に残っていないという状況になってしまうのです。

 

悪質業者に騙されない方法とは?

悪質業者に騙されない方法とは?

 

『冷静に考えればあそこがおかしかった』などと思う方は多いのですが、意外と騙されてしまう人は少なくありません。

 

こうした悪質業者が中々減らないのは、被害にあったとしても被害者が警察に相談する事がないからです。

 

何故なら、そもそもこのクレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約違反に当たるます。
その為、もし警察に届け出れば利用者も逮捕はされないものの、クレジットカード会社からカードが利用停止になったりしてしまうからです。

 

規約違反がばれれば、契約解除される可能性もありますし、個人の信用情報にも傷がついてしまう為、泣き寝入りするハメになります。

 

では、悪質業者の騙されない方法とは?
それはとても簡単な方法で、優良の現金化業者を利用する事です。

 

悪質業者ではなければ、騙されません。
根本的な被害の元を断ってしまえばいいという事なのです。

 

そうならない為にも、悪質業者に騙されないようにしっかりと知識を身につけておきましょう。
優良の現金化業者がわからないという方は、エニタイムという業者のサービスを利用する事をオススメいたします。

 

その現金化業者の詳細はこちらを参考にご覧ください。

 

エニタイムの詳細はこちら

トップへ戻る